デュアルSIM

ホーム> 用途> デュアルSIM

デュアルSIM


デュアルSIMとは2枚のSIMカードが挿せる端末を表します。
2台持ちを解消することが出来るなど色々な対応が出来るようになります。

まだまだ種類が少なく値段も少し高いのが現状です。
画面は大きいのしかなくそれが特長ともいえます。

デュアルSIMは3種類あります。

シングルスタンバイ


同時待ち受けが出来ません。
使いたいSIMに切り替えの必要があります。

デュアルスタンバイ


同時待ち受けが出来ますが、通話中は片方は通信出来ません。

デュアルアクティブ


同時待ち受けができるし、通話中でももう片方も通信できます。
しかし日本では法律が使用を許してないようです。

デュアルSIMのメリット


■ データー通信の多い人は2枚挿すことによって少しでも解決出来ます。

■ 電話番号を2つ持つことが出来ます。
私用と仕事など振り分ける事が可能になります。

■ 携帯キャリアの通話SIMとデーター専用の格安SIMの2枚挿し。
携帯キャリアの得な通話プランを使うことによって節約することが可能です。

デュアルSIMのデメリット


■ 2回線の電波を使っているのでバッテリーの消費が早いです。

■ 2回線同時利用ができないため電話をしながらネットが出来ません。
これをやれるのはデュアルアクティブです。もしくは2台持ち。

デュアルスタンバイ対応端末


デュアルSIM・デュアルスタンバイはDSDSといわれています。

これからはデュアルスタンバイに対応したスマホを使うのが主流になってきます。
ちょっとだけ紹介します。

モトローラ
Moto G4 Plus

ASUS(エイスース)
Zenfone 3

Huawei(ファーウェイ)
Mate 9

ONKYO
GRANBEAT DP-CMX1

等が有り他にも多数あります。

まとめ


SIMには大きさが有りちゃんと確認したほうがいいです。
nanoSIM、microSIM、標準SIMの3種類があります。大きさが合わないとアウトになります。
SIMサイズの変更が出来るなら手続きを取ってください。
ただ変換アダプターやSIMパンチ等で何とかできる可能性はあります。

最近では3枚差しまで出てきたとか。


 Copyright© 2015~2017 格安スマホ比較ランキング All Rights Reserved. Web Design:Template-Party